要らない漫画を処分

古本屋といえば今ではブックオフのような店ばかりになっていますね。
私がまだ幼い頃は、薄暗く古書独特の匂いが充満する店内で、無愛想なオヤジが道楽でやっているようなまさに古本屋らしい古本屋がありました。
古本というより古書店というものでしょうか?
そういったお店も時代の波に飲み込まれ潰れてしまった。

さて、コンビニや書店でちまちま買っていたマンガが20冊ばかり溜まってきたので隣町の古本屋に売りに行くことにしました。
中には元々古本で買った物もありますが、一応値札はやらしいので剥がしておきます。
他店より高価買取などと言ったところでどうせ二束三文。
見るのはせいぜい汚れ、折り目、書き込み等のチェック。
それによって減額または買取表どおりの値で引き取るので、どこの店で売っても大差はないかと思います。

買取額は不能から200円までで、合計で2150円になりました。
それにしても、以前この店で200円で買った本が200円で売れたのは意外でした。

査定の基準がよくわかりませんが、処分できたので良しとしましょう。
子供が飲めるDHAのサプリ

要らない漫画を処分